• 未成年に対するAGA治療について

    AGAは10代後半、20代前半など比較的若い世代でも発症する可能性のあるものです。



    若い世代は特に薄毛や抜け毛ということに対してコンプレックスを持つ人も多いようです。


    では、10代後半の未成年でもAGA治療を専門のクリニックで受けることは出来るのでしょうか。
    これは、治療を受けることは可能です。


    しかしながら、多くのクリニックではAGA治療の対象を18歳以上としています。
    また、未成年が治療を受けるという場合には、親権者の同意が必要となることが多いようです。これは、具体的な治療を受けるという場合はもちろんのこと、治療の相談をするという場合も同様です。



    未成年がAGA治療を簡単に受けることが出来ない理由としては、AGA治療が医療行為であるためです。

    未成年に対して医療行為を行うという場合には、法律でトラブルを回避するという理由から親権者の同意が必要となります。

    これは、AGAに対する治療だけではなく、保険が適用されない美容治療についても同様と言えます。



    髪の毛の悩みについて、親には相談することは恥ずかしいという場合には、20歳以上になるまで治療を受けることを避けるようにしましょう。
    頭髪は20代前半までに成長を続けるため、無理に10代後半で治療を受けるということを検討しなくても良いでしょう。

    未成年では男性ホルモンの分泌が安定していないという事もありますので、生活習慣や食生活を整えるなどすることが重要になるでしょう。